質問:メンテナンストレーニングの参加者に必要なスキルは?
回答:ロボットをメンテナンスするための基本的な電気、機械に関する知識があるのが望ましいですが、スキルにあわせたトレーニングをご用意致しますので、お申し込みの際にレベルをお知らせください。

質問:それぞれのトレーニングクラスはどのような趣旨で実施されていますか?
回答:ストーブリのトレーニングクラスは一般的なロボット工学理論の講義ではありません。
常にトレーニング参加者の目的と経験に基づいて、ストーブリロボットに関する専門的な講習を提供しますので、トレーニングを修了した時点で実践的な操作技術が身につきます。

質問:どのような人がトレーニングに参加していますか?
回答:多くは、メンテナンスの技術者、生産ラインの責任者、生産現場でロボットを毎日操作される方々です。 新しくロボットを導入するに際して、実際にロボットを操作されるオペレーターにトレーニングを受講頂く事はとても重要だと考えています。

しかしながら、ロボットの動作やプロセスの構築がロボット自体の寿命やシステムの生産性に大きく関わっていることを考慮すると、ロボットセルを設計される技術者の方々にも、ストーブリロボットのトレーニングを受講いただくことをお薦めしています。 産業ロボットセルの多くの経験を踏まえて、ストーブリロボットの大きな可能性や、VAL3プログラミング言語、ソフトウェアなどについて、トレーニングを通じて理解を深めていただきたいと考えています。

また、ストーブリではロボットのオペレーターに対して法律で義務付けられている安全講習も実施致しております。 安全講習の受講は、生産現場の安全管理上不可欠です。  

質問:トレーニングを受講することによりどのようなメリットがありますか?
回答:トレーニングによって、より良いロボットのプログラミングやハンドリングを習得することは、マシンダウンタイムを低減し、生産の改善や向上に大きく貢献します。

質問:トレーニングの期間は?
回答:トレーニングコースにより期間は異なりますが、1つのコースは通常3日間から5日間です。
こちらより、トレーニングの資料をダウンロードできます。 

トレーニングコースの詳細、その他ご不明な点、ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい